この記事を読む

いわゆるオリゴメタに対する局所治療~傾向スコア研究

Local ablative treatment for synchronous single organ oligometastatic lung cancer-A propensity score analysis of 180 pat…

この記事を読む

オリゴメタの同定にはPET/CTがよい

Detection of oligoprogressive disease in oncogene-addicted non-small cell lung cancer using PET/CT versus CT in patients…

この記事を読む

ゲノム医療の恩恵を受けられるのはまだまだ少ない

Estimation of the Percentage of US Patients With Cancer Who Benefit From Genome-Driven Oncology. Marquart J et al. JAMA …

この記事を読む

TP53変異の共存はALK陽性肺癌の予後に影響する

Impact of TP53 mutation status on systemic treatment outcome in ALK-rearranged non-small-cell lung cancer. Kron A et al …

この記事を読む

術後肺癌の予後スコア化、TNM+他因子でより層別化可能?

Predicting survival following surgical resection of lung cancer using clinical and pathological variables: The developme…

この記事を読む

T790M変異の喪失はオシメルチニブ耐性までの時間と関連

Assessment of Resistance Mechanisms and Clinical Implications in Patients With EGFR T790M-Positive Lung Cancer and Acqui…

この記事を読む

EGFR遺伝子変異耐性化、病勢進行の仕方により遺伝子変異の出現が異なる?

Three new disease-progression modes in NSCLC patients after EGFR-TKI treatment by next-generation sequencing analysis We…

この記事を読む

RET陽性肺癌の特徴、末梢発生、リンパ節転移に乏しいのに胸膜播種がある

Characterization of Computed Tomography Imaging of Rearranged During Transfection-rearranged Lung Cancer. Saiki M et al.…

この記事を読む

subsolid nodleはそこからの発癌より、他からの肺癌発生を心配すべき状態を意味する

Long-Term Active Surveillance of Screening Detected Subsolid Nodules is a Safe Strategy to Reduce Overtreatment. Silva M…

この記事を読む

(私見)免疫療法+抗がん剤は効くという実感を持てるか?

免疫チェックポイント阻害薬を2次治療で使った場合、臨床試験で延命効果は証明されていますが「よく効いている」という実感はあまりありません。この「効く感触」は、腫瘍縮小効果と無増悪生存期間を足して2で割ったような感触(?)なので、以下の話は雑談…